サロンご案内


大阪エリアの店舗詳細

    • 梅田店
    • 心斎橋店
    • 難波店

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

オリエンタル・スタイル 梅田店

紫外線は、夏だけじゃない!


皆さまこんにちは。”太陽のように明るく”がモットーのオリエンタルスタイル梅田店の野瀬です(^.^)

そんな太陽ですが梅雨に差し掛かりこれから夏が来て【紫外線】が気になる季節になってきましたね。

紫外線によって肌が焼けるとシミやシワの原因となってしまうのはよくご存知かと思います。

では、なぜ紫外線でシミやシワができるのか?
そして紫外線にも種類があるのはご存知でしょうか?(^.^)

紫外線=夏というイメージがありますが
シミやシワに大きく影響してくるのは実は
曇りの日などに多く降り注ぐ
UVA波というものなのでございます。

紫外線は主に

●UVA(春・秋・常時)真皮まで届く

●UVB(夏)表皮を焼く

●UVC(日本では降り注がない)

の3つにわかれます。

UVAとは
春夏に多く、常時降り注いでいます。紫外線B波(UVB)ほど肌に急激な変化を与えません。
紫外線に当たってすぐに肌が黒くなるというような日やけ(サンタン)は引き起こしにくくなっているので、紫外線B波(UVB)よりも肌への影響は少ないように見えますが、波長が長い紫外線A波(UVA)は、肌の奥深くまで到達し、じわじわと肌に様々な影響を及ぼします。

例えば、コラーゲンを変性させ、これがしわなどの原因になっていくなど、長い時間をかけ、気付かない間に肌に悪影響を及ぼします(°_°)

しかも紫外線A波(UVA)は、オゾン層を通り抜けやすく、なんと紫外線B波(UVB)の20倍以上も地上に降り注いでいます!

窓ガラスを通り抜けやすいという性質を持っているので、曇りの日も日当たりの良い家の中でも対策が必要です!

UVBとは
長時間の日光浴で肌が真っ赤に焼けたり、水膨れができたり…。このように肌が赤くなる日やけ(サンバーン)の主な原因となるのが紫外線B波(UVB)です。

UVBはエネルギーが強く、肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こすので、皮膚ガンやシミの原因になります。

ただし、波長が短い分、紫外線A波(UVA)に比べるとオゾン層や上空の雲に阻まれ、地上に到達する量は全紫外線量の約10%と少量です。

日常生活の中で、例えば日傘を使うなど、極力直射日光に当たらないように心がけることだけで、ある程度防御することができます⛱

UVCとは
UVCはオゾン層に吸収され、地上に届かないため、直接肌への影響はありません。
オーストラリアなどの地域は届くようで、皮膚ガンの危険性があります。

ということで!
紫外線B波(UVB)だけでなく、紫外線A波(UVA)もしっかり防ぐことが、将来の自分の肌を守るうえでとても重要ということですね♪

私も、1年365日欠かさずUVケアをしています(^.^)
これから降り注ぐ紫外線対策♪しっかり頑張りましょう♪

以上野瀬でした(^.^)

痩身・ダイエット・美容のことでお悩みがありましたら、是非オリエンタル・スタイル梅田店へご相談ください♪

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

オリエンタル・スタイル梅田店

【住所】大阪府大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル6FMapを見る
【電話番号】06-4798-7800

梅田店の詳細情報はこちら

2018年06月11日 | コメントなし

 

コメント